再石灰化の働きを助ける「おすすめの歯磨き粉」はどのような成分?

オススメの歯磨き粉

そもそも再石灰化とは?

例えば歯磨き粉などのCMなどでも、よく耳にする言葉に「再石灰化」があります。この「再石灰化」とは私達の口の中で日頃自然に起きている、現象の事です。

私達は食事をすると、口の中に住む口腔内細菌などの影響で酸性になってしまいます。この時に私達の歯はこの酸によって歯の表面の成分が溶け出してしまいます。つまり歯の表面が溶けているのです。

このような事が繰り返されていると、歯がだんだんと溶けてしまいには無くなってしまうように思われますが、そんな事にはなりません。

なぜならば私達の口の中には「再石灰化」という溶けた歯の表面を修復する機能が備わっているからです。またこの「再石灰化」の働きがある事で、私達は簡単には虫歯にならないようになっているのです。

再石灰化に効果の高い歯磨き粉とは?

一般的に市販されている歯磨き粉には色々な化学成分が配合されている為に、歯の「再石灰化」を阻害する要素が沢山あります。その為に「再石灰化」の働きを阻害しない歯磨き粉や「再石灰化」の働きを助けてくれる成分を配合した歯磨き粉を使う事が望ましいのです。

今回は私達の口の中で起きている「再石灰化」の働きと相性の良い歯磨き粉をご紹介します。

◎再石灰化の働きを助ける成分キシリトール

一般的にキシリトールは歯磨き粉よりも、虫歯予防効果の高いガムに配合されている成分という印象があります。

このキシリトールは甘い味のする甘味料にも関わらず、虫歯にならない成分として有名です。また口の中で「再石灰化」の働きが起こった際にキシリトール成分が歯を強くする働きをする事が分かっています。

つまりキシリトール成分が配合された歯磨き粉を使用する事で、歯の再石灰化の働きを助けてくれるので、虫歯予防に繋がるのです。

◎無添加の歯磨き粉を使用する

歯の再石灰化の働きを持っているのは、私達の口の中に存在する唾液と言われています。つまり唾液の働きが歯磨き粉によって阻害される事が良くないという事です。

これに対して唾液の働きを阻害しない歯磨き粉も存在するので、そのような商品を使用すると良いでしょう。具体的にはこのホームページでもご紹介している「乳酸菌成分などの無添加歯磨き粉」を使用すると唾液の再石灰化の働きを阻害する事がありません。

◎フッ素が再石灰化の際に歯を強くするというのは嘘?

一般的にフッ素が歯の再石灰化の際に歯を強くすると言われていますが、ある研究によると、フッ素にはそのような効果がないという事が証明されています。

またフッ素には過剰摂取すると、骨の形成を阻害したり発ガン性の危険性も指摘されているので、フッ素入りの歯磨きを使用する際には、気をつけた方が良いでしょう。

再石灰化を促す為の歯磨き方法

歯の再石灰化は、食後から30分後が一番活発に働いている事が分かっています。その為食後30分~40分間は歯磨きを控えた方が良いでしょう。


PAGE TOP