無添加の歯磨き粉に口臭予防の効果はあるの?市販と無添加の違いとは?

口臭について, 無添加の歯磨き粉について

口臭の原因

口臭の原因は歯と歯の間に詰まった歯垢です。またその歯垢の中に潜む口腔内悪玉菌の仕業によって、歯垢が分解されて悪臭が発生します。

つまり歯垢が分解される際に発生する悪臭が口臭の原因になっているのです。この口臭の原因である歯垢と口腔内悪玉菌をどのように処理するかが口臭対策になる訳です。

通常の市販の歯磨き粉や無添加の歯磨き粉では、口臭予防の対策が多少違ってきます。今回はその点についてご紹介したいと思います。

市販の歯磨き粉の口臭予防方法

◎殺菌作用のある化学成分による口臭予防

一般的に市販されている歯磨き粉は多くの場合は歯磨き粉に含まれる殺菌成分によって口腔内悪玉菌を殺菌します。

つまり口腔内悪玉菌や虫歯菌を殺菌する事によって虫歯や口臭を予防するというのが、歯磨き粉のセオリーになっています。

ですがこの時に多くの歯磨き粉が殺菌に化学成分を使用しているので、安全性で問題が出てくる場合があるのです。

【歯磨き粉に含まれる殺菌化学成分】
・グルコン酸クロルヘキシジン
・塩化セチルピリジニウム
・トリクロサン
・塩化ベンゼトニウム

無添加の歯磨き粉の口臭予防方法

◎殺菌作用のある無添加成分による口臭予防

先ほどご紹介したように、市販の一般的な歯磨き粉が口腔内悪玉菌を殺菌する為に様々な化学成分を使用しています。これと同じように無添加の歯磨き粉の場合には自然由来の殺菌成分によって口腔内悪玉菌を殺菌する方法を取っています。

自然由来の成分を使用しているので、安全性の面では良いのですが、口腔内悪玉菌と一緒に口腔内善玉菌まで殺菌してしまう可能性があるという面では科学的な殺菌成分と変わらないかもしれません。

【無添加の歯磨き粉に含まれる殺菌成分の一例】
・カテキンエキス
・葉緑素
・柿渋エキス
・塩

◎香料による口臭予防

香料を使用する事によっての口臭予防は、一般的な歯磨き粉と変わる事はありません。無添加の歯磨き粉は自然由来の香料を使っている事が違うようです。

◎口腔内悪玉菌の増殖を抑制する成分による口臭予防

例えば「BLIS M18乳酸菌」虫歯予防効果があり「BLIS K12乳酸菌」は口臭予防効果がある事が知られています。

市販の歯磨き粉の場合には口腔内悪玉菌を殺菌する事によって虫歯や口臭を予防します。ですが「BLIS M18乳酸菌」や「BLIS K12乳酸菌」を含んだ「ブリアン歯磨き粉」の場合には乳酸菌を増やす事で、口腔内善玉菌を増やして口腔内悪玉菌を抑制する事を狙っています。

ブリアン歯磨き粉についてはこのホームページのトップページにてご紹介しています。


PAGE TOP