特に赤ちゃんや小さな子供には無添加の歯磨き粉がおすすめの理由とは?

無添加の歯磨き粉について

子供が口にするものは体の成長の糧となる

動物は食べ物によって、体が作られていくものです。つまり食べ物が悪ければ健康を保つ事はできません。特に子供の場合には、食べ物は体の成長に直結するものなので、食べ物が悪ければ、子供の体の成長を阻害する事になってしまいます。

おなじく歯磨き粉も口の粘膜細胞から体に吸収されやすい性質を持っています。また毎日口にするものなので、良い成分でも悪い成分でも少しづつ吸収されて体の中に蓄積されてしまう恐れがあります。

それだけに歯磨き粉は無添加で安心な成分が含まれた商品を使用する事が重要です。特に子供の場合にはその辺りを十分に注意する必要があるでしょう。

子供は歯磨き粉を飲んでしまう可能性が高い

また赤ちゃんや小さな子供の場合には、歯磨きをした後に口をゆすがなければならないという点を理解していない場合だってあります。

通常動物は毒でもない限り口の中に入れるものは、食べ物ですからそのまま飲み込んでしまう習性があります。これは人間でも同じです。ただし人間の場合には小さな事からのトレーニングで、歯磨き粉を口でゆすで洗い流すという行為ができるようになっているだけです。

つまり子供の場合には口の中に入れたものを無意識に飲み込んでしまう習性があるのです。また赤ちゃんや小さな子供の場合には、口をゆすぐトレーニングをしていませんから、当たり前に歯磨き粉を食べてしまうものです。

このような理由から歯磨き粉は、子供が飲み込んでも大丈夫な無添加の歯磨き粉を使用すべきなのです。

毎日口にするものなので特に気をつける必要がある

先ほども言いましたが、歯磨き粉は毎日使用するものなので、普段食べる食べ物と同じかそれ以上に歯磨き粉の成分に対しても敏感になる必要があります。

また口の中の粘膜質は腸や胃と1つにつながった器官でもあります。それだけに口に入れたものは良いものでも悪いものでも吸収されやすいと言う事ができるのです。

歯磨きは飲み込まないので大丈夫と考えている人も多いかもしれませんが、歯磨き粉は飲みこまなくても、口腔内粘膜質によって、体内に吸収されてしまう事を理解しておく必要があるでしょう。


PAGE TOP