虫歯予防の為の赤ちゃんの歯磨きの方法について。歯磨き粉はどうする?等

虫歯予防

乳歯が生えてきたら歯磨きが必要

◎歯磨きをしはじめる時期

赤ちゃんは生まれてから半年程で乳歯が生え始めると言われています。もちろんこの時期については個人差があるのであくまで目安です。

乳歯が生え始めたら歯磨きが必要になってきますので、赤ちゃんの口の中の状況は気づいた時に観察する事も忘れないようにして下さい。

◎歯磨きの方法

赤ちゃんによっては口の中に物を入れられるのを嫌う場合があると思います。ましてや歯ブラシは赤ちゃんにとって謎の物体でもあるので怖がったとしても当然です。

その為に赤ちゃんの歯磨きを本格的に始める前に、歯磨きの為の訓練が必要になります。

まずは歯磨きを口に入れても平気なように、口の中へものを入れる訓練が良いでしょう。例えばガーゼやタオルなどの柔らかいものから始めると、赤ちゃんもストレスが少ないでしょう。

また歯磨きについてですが、初めは歯ブラシを使う必要はありません。濡れた綿棒や濡れたガーゼなどで乳歯を軽く吹く程度で良いでしょう。

そして乳歯がだいぶ生えそろった頃には歯ブラシを使用して歯磨きができるようになると良いでしょう。

歯磨き粉は使用しなくても良いし、そうでなければ無添加のものを

◎歯磨き粉に含まれる化学成分

歯磨き粉は大人用、子供用に関わらず沢山の化学成分が使用されています。赤ちゃんの場合には自分でうがいができないので、化学成分満載の市販の歯磨き粉を使用するのは避けた方が無難でしょう。

◎歯磨き粉を使用しないという選択

私達大人の場合は毎日歯磨き粉を使用しているので「歯磨き粉を使用して歯磨きをするのは当然」だという思い込みを持っています。

ですが歯磨きは、しっかりとブラッシングをする事ができれば、十分に虫歯を予防する事が可能です。つまり赤ちゃんの歯磨きに関しても、しっかりと歯を磨く事ができれば、歯磨き粉がなくても大丈夫であると言えるでしょう。

◎無添加の歯磨き粉なら安心

それでも歯磨き粉を使用しないと虫歯が心配だという親御さんも多いと思います。そのような場合には「子供用歯磨き粉ブリアン」などの無添加の歯磨き粉を使用すると良いでしょう。

ブリアン歯磨き粉については、トップページにて詳しく説明していますので、興味がある方は参考にしてみて下さい。


PAGE TOP