再石灰化を有効活用して虫歯予防をする方法や生活習慣とは?

虫歯予防について

再石灰化とは

再石灰化とは、虫歯を予防する為に、私達の口の中で自然に起きている現象の事です。食後の数時間後には人の口の中では虫歯菌の出す酸に虫歯の初期段階に入ります。

つまり歯の表面が溶けてしまうのですが、このような初期ん虫歯の場合は、唾液がカルシウムなどのミネラル分を歯に補給して初期虫歯を治してしまうのです。

そして、唾液の持つこのような働きを「再石灰化」と呼んでいます。

再石灰化を有効活用して虫歯を予防する方法

先ほどご紹介したように唾液には再石灰化の働きがあります。また唾液には口の中を殺菌する能力がある為唾液にはダブルで虫歯予防の働きがあると言えます。

この為、普段生活している時に唾液の量が減っていると、虫歯や歯周病などになるリスクが増してしまうのです。そこで、今回は虫歯予防の為に唾液の量を増やすような生活習慣や対策をご紹介しています。

◎食事を良く噛んで食べる

食事を良く噛んで食べる事で、普通に食事するよりも余計に唾液が分泌される事が知られています。また食事は楽しく食事をする事でさらに唾液の分泌が促されるので、食事は楽しみながらする事が重要です。

◎ストレスを軽減する生活をする

ストレスが増す事で唾液の量が低下する事が知られています。例えば、あなた自身過去に大事な発表の前や、大勢の人の前で話をする時に口がカラカラになる経験をした事はないでしょうか?

このような例もストレスによって唾液の量が低下したと考えられます。このような一次的な唾液の低下については誰にでも起こり得る事なので問題はありません。

ですが、強いストレスが長期間継続して続いた場合には、慢性的に唾液の量が低下するという事が起こってくる場合があります。このように唾液の量が長時間低下すると虫歯や歯周病になるリスクが高くなるので、そうなる前にストレスの少ない生活が送れるような対処が必要でしょう。

◎歯磨き粉の量を減らす

歯磨き粉には沢山の化学成分が含まれています。特にほとんどの歯磨き粉には口の中をしっとりさせるような保湿剤が含まれているので、このような成分が唾液の分泌を阻害するとも言われています。

その為、普段歯磨きをする際には歯磨きの量を減らす事によって、歯磨き粉の影響による唾液量の低下を最小限に抑える事が可能になります。

◎お菓子の代わりにキシリトールガムを噛む

皆さんもご存知のようにお菓子を食べると虫歯になるリスクが高くなります。確かにお菓子が好きな人の場合には、お菓子を食べないというのは難しいでしょう。

そのような場合にはキシリトールガムをお菓子の代わりに食べると良いでしょう。なぜならば、通常お菓子に含まれる砂糖が虫歯菌の栄養素となるので、これによって虫歯になってしまいます。ですがキシリトールガムには砂糖の代わりに虫歯にならない甘味料であるキシリトールが使用されているからです。


PAGE TOP