虫歯予防に「糸ようじ」が効果的というのは本当か?また使用のリスクは?

虫歯予防について

虫歯の原因の1つは歯垢

虫歯の原因の1つは歯垢だと言われています。実際には歯垢の中に潜んでいる虫歯菌が砂糖などの栄養を分解する時に酸が発生する事が虫歯の原因です。

ですが虫歯菌は歯垢がなければ口の中で生息するのは難しいので、歯垢を除去する事で虫歯予防には大きな効果があると言われています。

その歯垢の除去に効果的なのが糸ようじ

歯垢は通常歯と歯の隙間や、歯と歯茎の隙間に溜まる傾向にあります。ですが歯ブラシを使用した歯磨きでは歯垢の除去が難しい部分があります。

それは一般的に歯と歯の隙間です。歯と歯の隙間は非常に狭いので、一般的な歯ブラシでは歯垢を完全に除去する事はできません。

ですが歯垢はきちんと口の中から除去しなければ、困ります。そんな時に便利なのが「糸ようじ」です。糸ようじを使用する事で、効率的に歯間の歯垢を除去する事が可能になります。

糸ようじは「歯間の隙間を広げる」というのは本当か?

糸ようじを使用する時に不安になるのは「糸ようじを使用する事で歯間の隙間が広がらないか?」という点です。つまり簡単に言うと「すきっ歯にならないか?」という事なのですが、実際には糸ようじ(歯間ブラシ)の使用によって、すきっ歯になる事はないようです。

糸ようじで注意すべきは歯茎へのダメージだった

ですが、糸ようじの使い方が荒っぽい場合には、歯間の隙間の問題よりも重大な問題が起こる可能があるので、どちらかと言うとそちらの点を注意する必要がありそうです。

例えば、糸ようじの使い方が荒っぽい場合には、歯茎にダメージを与える場合があります。歯茎は私達の歯を支えている土台のようなものなので、歯茎を痛めないような糸ようじの使用を心がける必要があります。

また糸ようじを荒っぽく使うと歯茎が通常の位置よりも下がってしまうという弊害を及ぼす事があるので注意しましょう。歯茎の位置が下がってしまうと無防備な歯の根本が露出してしまうので、歯の健康にとっては大きな問題になる可能性があります。

具体的には歯の根本が虫歯になったり、歯周病の原因になってしまう可能性もゼロではありません。歯茎は私達の歯を守るボディーガードのようなものなので、大切に扱いましょう。


PAGE TOP