実践不可能?面倒すぎる理想的な虫歯予防に効果的な歯磨き習慣とは?

虫歯予防について

食後にすぐに歯磨きをする

これが一番虫歯予防には効果的な方法でしょう。なぜならば、虫歯菌は食事の中に含まれる砂糖や糖類などをエサにして繁殖するからです。またその際に酸を生成する事が原因で虫歯になってしまうのです。

つまり口の中に食べ物のカス、つまり歯垢を貯めないという事が一番虫歯予防に効果があるのです。また歯垢は虫歯菌や歯周病菌の隠れ家になってしまうので、歯垢の中で虫歯菌や歯周病菌が増えてしまいます。

このように虫歯菌の住みやすい環境を作らない為にも、食後にすぐに歯磨きをする事が重要です。

寝る前に歯磨きをする

私達の唾液には殺菌作用があると言われています。つまり人の唾液には虫歯を予防する効果があるのです。その為に唾液の量が減ってしまうと、虫歯になりやすい状態になってしまいます。

ですが、就寝時にはどんな人でも唾液の分泌量が減ってしまいます。これは就寝時には唾液の働きはそこまで重要ではない事から私達の体が自動的にそのようにしているので、どうしようもありません。

つまり、就寝時には口の中の虫歯菌を含む細菌類が増殖してしまう傾向があるので、就寝前に歯磨きをする事で虫歯菌が口の中で増殖する事を抑える事ができます。

朝起きたらすぐに歯磨きをする

先ほどご紹介したように、就寝時には唾液の量が低下している為に、朝起きた時が1日の中で一番口腔内に細菌が多い状態になっています。

その為、口の中を早く正常な状態に戻す為に朝起きたらすぐに歯磨きをする事が効果的です。また歯磨きには唾液を分泌を促進する効果もあるので、その点でも良い効果を期待できます。

歯間ブラシを使用する

何度もご紹介する事になってしまいますが、虫歯の原因は歯と歯の間や歯茎の間に残る歯垢が原因です。しかし歯ブラシだけでは歯と歯の間に残っている歯垢を完全に除去する事はできません。

その為に歯間ブラシを使用する事で、歯と歯の間の歯垢をできる限り除去する事が可能になります。また歯垢は口臭の原因でもあるので、歯間ブラシの使用で口臭予防にも繋がります。

舌専用のお掃除ブラシを使用する

舌の上には舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌の汚れが存在しています。舌の表面には白っぽい垢のようなものが溜まっている事が一般的です。

この舌苔(ぜったい)も細菌が繁殖する原因になるので、舌の表面を舌専用のお掃除ブラシを使用する事で口腔内の環境を虫歯予防を含め良好に保つ事ができます。


PAGE TOP