歯磨き粉の代わりになる「成分」や「方法」について

歯磨き粉の豆知識

塩には高い殺菌効果がある事が昔から知らればいます。例えば梅干しなどが良い例で、梅を塩付けする事で長期保存できる保存食になる事は、私達日本人はよく知っている事です。

この歯を歯磨きに使用する方法は比較的取り組みやすい方法なので、実際に取り組まれた人も多いかもしれません。

実際の歯磨き方法は、歯磨き粉を水で濡らして、その歯ブラシに塩を適量付けて磨くという方法になります。塩の量は人それぞれ好みがあるの、自分自身で色々試してみると良いでしょう。

塩の種類にしても食塩であればどんなものでもかまいませんが、あまりに安い塩であると不純物などが多い関係で人によっては刺激が強すぎるという場合もあるようです。実際に塩を使用している人の声を聞くと「伯方の塩」がコストパフォーマンス的に最適だという人もいるようです。

重曹

重曹は最近では掃除などでも多く使用される材料1つです。重曹で歯磨きをする際には重曹に水を加えて歯磨き粉の変わりに使用するという方法が最もシンプルな方法です。

この他、人によっては、グリセリンやオリーブオイルなどをまぜて使いやすくするという意見もあります。

緑茶

緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用がある事から緑茶を使用して歯磨きをするという人もいるようです。緑茶を使用した歯磨きの方法としては「粉末緑茶を使用する方法だと茶渋が歯に付着する恐れがある」という意見もありますので、通常の緑茶を使用する方法が良いでしょう。

使用方法は歯磨きを使用せずに緑茶を使って歯磨きをするという方法です。この時歯磨き粉は使用しなくてもしてもどちらでもかまいません。

何も使用しない

最近では市販の歯磨き粉の殺菌効果が疑問視されている事が原因で、歯磨き粉を使用せずに歯磨きをするという人も存在します。ただこの方法ですと、口臭が気になるという人もいますから、気になる時は歯磨きをも併用するという方も多いようです。


PAGE TOP