歯磨き粉で口臭を抑える方法と、歯磨き意外の口臭予防法とは?

口臭について

歯磨き粉の口臭予防効果

◎口臭予防に効果的な歯磨き方法

唾液には口の中の最近の繁殖を抑える働きがあります。ですが就寝中にはどうしても唾液量がすくなくなってしまう傾向にあります。つまり寝ている時は口の中で菌が繁殖しやすくなっていると言う事です。

その為口臭予防の観点で歯磨きをするなら、寝る前にしっかり歯磨きをする事が重要です。あた朝起きた時には口の中で細菌が増えている状態です。その為朝起きた際に歯磨きをする事でさらなる細菌の繁殖を抑える事が可能になります。

◎口臭予防に効果のある歯磨き粉

普通の歯磨き粉は口の中を殺菌剤や洗浄剤によって殺菌する事を目的にしています。ですがこの方法では、増えた口の中の細菌を歯磨きによって、その都度殺菌するという対処療法になっています。

また実の所口の中の細菌は全ての細菌が悪臭を放つ訳ではない事も分かってきています。実は口の中で悪臭を放つのは悪玉菌と呼ばれる細菌で、善玉菌は口臭の原因になっていないのです。

つまり口の中の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らす事ができれば効果的に口臭予防ができると言う事です。実は口の中の善玉菌を増やす歯磨き粉も現在販売されていますので、そのような歯磨き粉を使用するのも1つの方法です。

その歯磨き粉はブリアンという歯磨き粉なのですが、このホームページのトップページにてご紹介していますので、是非とも参考にしてみて下さい。

歯磨き粉意外の口臭予防対策

◎緑茶

緑茶に含まれるカテキンには強い殺菌作用がある事が分かっています。つまり普段から水の変わりに緑茶を飲む事によって、口の中の細菌の繁殖を抑える事が可能になり、ひいては口臭の予防に繋がる事が分かっています。

◎食事の際の咀嚼回数を増やす

先ほどご紹介したように、人間の唾液には口の中の細菌の繁殖を抑える働きがある事が分かっています。またこの唾液ですが、食事をする時に噛む回数を増やす事によって出る唾液の量が増える事も分かっています。

つまり噛みごたえのある食事を食べる事や、いつもよりもよく味わって食事をする事によって唾液の量を増やす事で、口内細菌の繁殖を押さえて口臭を抑える事もできるようになります。

◎ストレスの少ない生活を送る

唾液はストレスが多い生活を送っていると少なくなる事が分かっています。例えば、緊張する出来事の際に口が乾くといった経験をした事はないでしょうか。実はこれも自律神経の影響で緊張により唾液の量が抑制された結果と言えるのです。

つまり、できるだけストレスが少ない環境で日常生活を送る事ができれば、口臭を抑制する事が十分に期待する事ができるのです。


PAGE TOP