歯磨きで改善しない口臭は病気の場合もあるので注意が必要

口臭について

口臭の原因

口臭の原因は9割以上は口の中にあると言われています。その為口臭の対策方法としては常日頃の歯磨きが非常に効果があると言われています。

また虫歯や歯周病は口臭の原因にもなるので、歯科医院や歯科クリニックなどで早期に治療をする事をオススメします。

しかし常日頃、歯磨きを丁寧にしていて、口の中には何も問題がないのに口臭に悩まされている場合には病気が原因による口臭の場合もります。そのような場合には口の中には原因がないのですから、いくら歯磨きをしても口臭はなくなりません。

そう考えると、口臭の原因に心あたりがない場合には、何か他の病気である事を疑ってみる事も必要かもしれません。

病気になると口臭の原因になる

口の中が原因でない場合に一番疑うべきは消化器系の病気です。なぜならば、口の中は消化器系の臓器と直接繋がっている為に一番影響を受けやすいからです。

特に食道や胃などに病気がある場合には口臭となって症状が現れる場合があります。例えば、胃がんや食道ヘルニアや食道気管支瘻(しょくどうきかんしろう)などの病気になった場合には肉の腐ったような臭いがすると言われています。

また鼻の器官も口と直接繋がっている為に病気による口臭になる場合があります。鼻に関する病気の中に蓄膿症がありますが、蓄膿症の影響で口臭がキツくなる場合も考えられます。

また、残念な事に胃腸や鼻とは全然関係のない病気の場合でも口臭が発生する事があります。例えば肝臓は体の中の毒素を分解する所なので、肝臓が病気によって機能低下すると毒素を体外に出す機能が低下します。

つまり尿によって排出されるべき毒素が体の中にとどまる状態になる為に、口臭がアンモニア臭になる場合もあるようです。

口臭の元となる病気について

【口臭の元となる病気一覧】
・糖尿病
・口腔がん
・蓄膿症
・喉頭絵
・咽頭炎
・肺ガン
・食道ヘルニア
・食道気管支瘻(しょくどうきかんしろう)
・肝硬変・肝ガン
など

口臭の悩みはどんな病院に受診すれば良い?

最初にご紹介をしたように口臭の原因の多くの場合には、虫歯や歯周病などの原因である場合が多いのでまずは歯科医や歯科クリニックへ受診すると良いでしょう。

また、虫歯や歯周病が口臭の原因ではない場合には、口臭外来を受診する事をオススメします。口臭外来に受診する事で他の病気が発見される事も珍しくありません。


PAGE TOP