歯磨き粉の適量はどれぐらい?

歯磨き粉の基礎知識

歯ブラシ全体に歯磨き粉をのせるのは間違い

よくテレビCMなどで見かける歯磨き粉を歯ブラシの上にべったりと付けるあの量ですが、あれは完全の歯磨き粉の量が間違っています。

例えばテレビCMなどの広告では、歯磨き粉を実際にビジュアルで見せないと見た人に商品が伝わらない場合があるので、そのような演出をしています。例えば3色のストライプが人気のクリアクリーンなどの商品の場合には特に歯磨き粉を出した状態を視覚的に見せたいという所があると思います。

このように歯磨き粉の広告と実際に歯磨き粉を使用する場合とは違う点が多い事を理解しなければいけません。

適量は小豆大の大きさ?

歯磨き粉の適量は「小豆の大きさぐらい」と言われています。「歯磨き粉の量は多ければ多いほど歯磨きの効果が高そうだ」と思っている方もいるかもしれませんが、それは完全なる誤解です。

歯磨き粉は、色々な刺激成分が入っているので、歯磨き粉を沢山使用する事は、口内環境を整えるという面ではマイナスに働く場合がありますので注意しましょう。

口内炎ができた時には歯磨き粉を少なめに

例えば、口内炎ができた時などは、歯磨きをする事が億劫になると思います。このような時などは、無理に歯磨き粉を使用しなくてもかまいません。

なぜならば、もともと人の唾液の中には虫歯菌を代表するような口内悪玉菌の繁殖を抑制する働きがあるからです。極端に言うときちんとブラッシングする技術をもっていれば、歯磨き粉は必要ないと言えるかもしれません。

また、歯磨き粉の中には口の中の正常な細胞を傷付けてしまうような成分も入っているので、特に口内炎ができた時には、歯磨き粉の使用は気をつけるようにして下さい。

具体的には歯磨き粉の中に含まれる「合成界面活性剤」は舌の上にある細胞を破壊する事が知られています。


PAGE TOP