歯磨き粉に含まれる研磨剤のメリット、デメリット

歯磨き粉の基礎知識

研磨剤の効果

歯磨き粉の研磨剤はどのような効果があるのでしょうか。それは歯を白くする効果があると言われています。具体的には歯の表面についたステインなどの黄ばみや黒ずみをとってくれる働きがあります。

ですが、歯磨きに含まれている研磨剤だけで100%の歯のホワイトニング効果はありませんので、その点は研磨剤の効果を過信しない事が大切です。

研磨剤のデメリット

先ほどご紹介したように歯を白くする効果が研磨剤のメリットですが、逆に研磨剤にはデメリットが存在します。それは歯の表面を削る事です。歯の表面を削るという事は歯を傷つけているのと同じ事です。

歯の一番外側は歯の硬い素材でもあるエナメル質でできています。研磨剤はこのエナメル質を削る事によって歯を綺麗にしているのです。ですが、この研磨剤の働きが強すぎると歯の表面をかなり傷つけてしまう結果になってしまいます。

つまり悪いケースだと虫歯の手助けをしてしまう場合だってあるのです。このような歯を傷つけてしまう事がないように、研磨剤が沢山入った歯磨き粉の使用を避ける等の対処は必要でしょう。

研磨剤の気をつけるべき点

研磨剤の入った歯磨き粉を使用する際に一番気をつけたい点は子供が歯磨き粉を使用する時です。なぜならば、子供の歯は大人の歯に比べて歯のエナメル質も薄く、傷つき易い傾向があるからです。

つまり大人と同じような感じで研磨剤の入った歯磨き粉でゴシゴシを歯をこすりすぎるのは考えものかもしれません。子供には子供用の歯に優しい歯磨き粉も市販されていますので、そのような商品を選んで使用するのも1つの方法です。

研磨剤を使用したくない時は

研磨剤入りの歯磨き粉を使用したくない時は、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使用しましょう。ですが研磨剤の入っていない歯磨き粉を使用するのは歯が黄色くなりそうで嫌だという方も多いでしょう。

そのような時には定期的に歯科医に言って歯の掃除をしてもらうと良いでしょう。歯科医で歯の掃除をしてもらえば日頃のブラッシングでは取りきれない歯の汚れも簡単にとってもらう事が可能です。


PAGE TOP