実は危険だった歯磨き粉:歯磨き粉は無添加が良い理由とは?

歯磨き粉の危険性, 無添加の歯磨き粉について

市販の歯磨き粉の危険性

◎口腔内は粘膜細胞なので有害成分は吸収されやすい

もし市販の歯磨き粉に人体にとって有害な成分が含まれていた場合には、その成分は口の中で吸収されていまいます。

特に口腔内は、体表面とは違ってデリケートな粘膜細胞なので、有害な成分が歯磨き粉に含まれていた場合には吸収されやすい性質があります。

その為に最近では市販の歯磨き粉の中でも無添加の歯磨き粉が消費者から選ばれるようになってきたという経緯があるようです。

◎防腐剤の危険性

一般的に市販の歯磨き粉は、水分を非常に多く含む練り歯磨き粉である場合がほとんどです。なぜならば、歯磨き粉は粉の状態よりも練り歯磨き粉等のペースト状の方が普段使いやすいからです。

しかしながら、歯磨き粉をペースト状にする為には、多量の水分を含んでいる必要があります。皆さんもご存知の通り水分を沢山含んだ物質は生き物でもない限り、非常に腐りやすいという性質を持っています。

その為、練り歯磨き粉状態の市販の歯磨き粉には酸化防止剤などの防腐剤が含まれているのです。また言うまでもなく防腐剤は体に害のある成分です。

◎フッ素は実は危険だった?

フッ素は虫歯予防に効果があると言われていますが、実はフッ素は脳神経を破壊する恐れがある事が分かっています。脳神経が破壊されるという事は、記憶力が低下したり、年配の方の場合には痴呆症につながる恐れがあるという事です。

また、歯磨き粉は毎日使用するものなので、フッ素が有害成分だとした場合には、すこしずつ体の中に蓄積されてしまいます。歯科医などでフッ素を塗られる場合は一過性の処置なので、被害を最小限に留める事が可能だと思いますが、毎日使用する歯磨き粉にフッ素が入っているのは、安全性の面で問題がありそうです。

◎界面活性剤の危険性

界面活性剤は元々石鹸に含まれている成分です。効能としては油汚れなどを水で落としやすくする効果があります。この界面活性剤は一般的な歯磨き粉に含まれている事が多いので気をつける必要があります。

2016年に発生したある病院での患者殺害事件ではこの界面活性剤が点滴に投与されて、患者がなくなっているという事実もあるので、界面活性剤は人間にとって非常に危険な物質である事が分かります。

無添加の歯磨き粉が良い理由とは?

◎赤ちゃんや小さな子供が誤って飲んでも大丈夫

赤ちゃんや小さなお子さんの場合には「クチュクチュうがい」ができないという場合も多いものです。つまりこのような赤ちゃんや小さな子供が歯磨きを使用した場合には、歯磨き粉を効率的に口の中から排出する事ができないのです。

結果的に口の中から出せないので、量の差こそあれ、歯磨き粉を飲み込んでしまう結果になるのです。そう考えると歯磨き粉は飲んでも大丈夫な商品でないといけないという事が分かるはずです。


PAGE TOP